年齢にピリオドを|アクアレイナでいつまでも若々しく

レディー

ピーリングの種類と使い方

ソープ

AHAの種類と特徴

ピーリング成分にはAHA(アルファヒドロキシ酸)とBHA(ベータヒドロキシ酸)があります。多くのピーリング石鹸で使われているピーリング成分がAHAです。AHAには、グリコール酸、乳酸、クエン酸、リンゴ酸などがあります。サトウキビなどから作られたグリコール酸は肌に優しく、それでいて高い角質除去効果があります。リンゴの酸から作ったリンゴ酸はグリコール酸よりもマイルドな効果があり、低刺激なピーリング石鹸によく配合されています。ピーリング石鹸の種類ごとに配合しているAHAの種類や濃度が異なります。生まれて初めてピーリングをする場合は、濃度が低い(0.1%〜1%程度)ピーリング石鹸を使うのがお勧めです。

正しい洗顔法

ピーリング石鹸は正しく使う事で効果が出ます。間違った使い方をすると肌に悪いので、使用前に正しい使い方を覚えておくことが大切です。最初に顔全体をぬるま湯で濡らしておきます。そしてピーリング石鹸を手に取り、お湯を加えて泡立てます。泡立てネットを使うとクリーミーな泡がすぐに出来ます。洗い方には順番があります。はじめに額や鼻や顎などの皮脂が多い部分を洗い、次に頬全体を洗います。口元や目の周りは避けるようにして、擦らずに泡を滑らすようにして洗うのがコツです。泡をつけたまま3分ぐらい置いて泡パックをするとさらに効果的です。最後に流水で綺麗に洗い流し、清潔なタオルで優しく拭いて完了です。すぐに化粧水や乳液で肌を整えることも大切です。